ダイレクトメール(DM)の発送代行|中越運送 CFS

ホーム  >  企業沿革

企業沿革
 
沿革
昭和26年4月新潟県三条市に資本金100万円をもって設立
昭和27年4月本社を加茂町(現在の加茂市)に移転
昭和29年11月新潟県内路線事業に加え、新潟−長野−東京間の路線事業開始
昭和39年6月本社を新潟市に移転
昭和40年1月新潟−大阪間の路線事業開始
昭和41年4月日本国内航空(現日本航空ジャパン)の代理店として航空貨物の取扱いを開始
昭和44年12月新潟−名古屋間の路線事業を開始
昭和46年4月新潟−東京間の利用航空運送事業を開始
昭和46年10月鉄道との複合一貫輸送、フレートライナー運行開始に伴って、東京−新潟間の取扱いを開始
昭和47年3月大阪−新潟間フレートライナーの取扱いを開始
昭和47年10月全日本空輸の代理店として航空貨物の取扱いを開始
昭和49年2月新潟−仙台間の路線事業開始
昭和49年6月フェリー利用による新潟−小樽間の輸送を開始
昭和53年5月名古屋−富山間の路線事業開始
昭和55年3月本社及び新潟営業所を新潟市網川原に移転
昭和56年2月オンラインシステム稼動
昭和58年1月東京−大阪間の路線事業開始
昭和58年12月東京−仙台間の路線事業開始
昭和62年8月JR貨物との提携により、トラックを列車に積込みそのまま輸送するピギーバック輸送を開始
平成1年3月軽量宅配貨物及びカタログ等の保管梱包、宛名書、配送をトータルで代行するシステム「CFS」事業の業務を開始
平成1年6月東京−新潟間でピギーバック専用列車運行開始
平成4年4月倉庫業の許可を受け、仙台営業所で業務開始
平成5年3月通関業、保税上屋の許可を受け、燕通関営業所で業務開始
平成5年7月当社が開発した4d車に積載可能な20Fコンテナ「ライトコンテナ」の輸送開始(実用新案登録)
平成6年11月新潟空港貨物ビル国際棟に国際貨物の事務所を開設
平成7年8月東京に出版物専門の営業所「首都圏出版センター」を開設
平成8年4月東京−大阪間で陸送のコンテナ輸送「ランド・ピギー」の運行開始
平成9年10月営業倉庫を備えた総合物流サービスセンター、埼玉ロジスティクスセンターを開設
平成11年5月食品共同配送システムがスタート
平成12年9月中越メール便の取扱を開始
平成12年10月品質マネジメントシステムISO9001:2000の認証を取得(本社/神奈川・土浦・埼玉・FSC三条営業所)
平成14年7月中国に上海事務所を開設
平成16年6月グリーン経営の認証登録(新潟・深川営業所)
平成17年3月CFS事業部にてISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)BS7799:PART2:2002の認証を取得
平成17年4月環境マネジメントシステムISO14001:1996の認証を取得(本社/新潟営業所)/td>
平成17年12月大気汚染防止推進月間エコドライブコンテストにて最高位の『環境大臣賞』を受賞(深川営業所)
このページのトップへ